おけら総研

『負けた奴は裸になる』なんていう映画がありましたね。。。そんな生き方、いやあ~(´へ`;

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
banner_01.gif
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ロングブラックコーヒー

ロングブラックコーヒー(1)(西オーストラリア旅行記 #6 です)

オーストラリアでコーヒーを飲もうとすると、最初はとても困ったものです。

アメリカ、カナダなら「コーヒー」と言えば、日本と同じようなホットコーヒーが出てくるのですが、オーストラリアは違います。「どのコーヒーですか?」と種類を訊かれます。

エスプレッソ、ラテ、カプチーノ、マキアート、... フラットホワイトという聞きなれないものもあります。分からないので適当に返事をすると、なんか違うものが出てきてしまって(>_<)、敗北感に浸りながら本場のカフェを楽しんだものでした。



ロングブラックコーヒー(2)何度か失敗を繰り返した後、日本でいうホットコーヒーを飲みたい場合は、「ロングブラック」と言えば良い事を学習します。

でも、このロングブラック、厳密に言うと日本のホットコーヒーとはちょっと違います。

日本でホットコーヒーと言えばドリップコーヒーが主流ですが、ロングブラックはダブルショットのエスプレッソをお湯で割ったものです。オーストラリアでは基本的にコーヒーはエスプレッソベースのようです。



カフェといえば、日米欧豪ともスターバックスがいたるところにありますが、実は西オーストラリアにはありません。西オーストラリアはイタリア系の移民が多く、カフェ文化が古くから浸透しています。地元ではDOMEカフェという超メジャーなカフェがあり、スタバが入り込む余地がないのだそうです。

ですから、西オーストラリアのロングブラックは格別に美味しいです。是非一度ご賞味ください(^^)
banner_01.gif
スポンサーサイト
  1. 2010/08/31(火) 20:29:57|
  2. 西オーストラリア|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。