おけら総研

『負けた奴は裸になる』なんていう映画がありましたね。。。そんな生き方、いやあ~(´へ`;

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
banner_01.gif
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

リブアイ・オン・ザ・ボーン500g@チャー・チャー・ブル (フリーマントル)

チャー・チャー・ブル(2)(西オーストラリア旅行記 #15 です)

チャー・チャー・ブルは、フィッシングボートハーバーにある地元で人気のステーキハウスです。なんかの賞も獲っている高級レストラン。予約した方が良いみたいですが、予約なしで果敢に突撃です。

「予約はありますか?」
「ありません。」
「うーん、・・・(ちょっと困った顔)、では、こちらへどうぞ」

窓側の結構良い席に案内されました。店内ガラガラで、ほとんど客がいません。



チャー・チャー・ブル(4)なんだ、楽勝じゃん! なんでさっきウェイターの人、困った顔したの? 見栄はってるの??・・・

などと思っていると、30分くらいすると客がわんさかやってきて、みるみるうちに満席に、。。。(@@; !!

すごー、やっぱり人気店なんだ。。。月曜日の夜からこんなに混んでいるとは・・・予約なしで入れてラッキーだったんですね。

ドレスコードはありませんのでカジュアルな格好でOKでした。Tシャツ姿の人もいる一方、会社帰りのビジネスマンや、スーツをばしっと着こなした老紳士風の人とかいて、結構ハイソな(死語?)レストランのようです。



チャー・チャー・ブル(3)さて、ステーキハウスなので、やっぱり肉を食べましょー。お店で一番高いセレブなひと品、骨付きリブアイステーキ 500g 44ドルです!

赤ワインソースと、謎味のワサビチーズクリーム??? がとってもゴージャスです。

オージービーフは和牛のような脂はなく、赤身中心。赤身=硬い、みたいなイメージありますが、どうやら誤解のようです。歯ごたえはありますが、硬くはないです。柔らかくジューシー、さっぱりして美味しいです。



チャー・チャー・ブル(1)デザートのホワイト・チョコレートとピーナッツ・ブロンディ、キャラメル・アイスクリーム添えです。

・・・って、知らないんです。ピーナッツ・ブロンディって何ですか? ... (°o °; ???

デザートメニューはさっぱり理解できなかったので、勘で頼んでみました。奥サマがお召し上がりになりましたが、とても美味しかったそうです(^^)v ~♪

オーストラリアのデザートは、北米よりも上品な甘みで量も控えめだし、日本人の好みにも良く合うと思います。


お会計もハイソな金額でした(>_<) ... 普段、B級グルメで貯めたお金を大放出です~(^ー^)
スポンサーサイト
banner_01.gif
  1. 2010/09/22(水) 22:19:10|
  2. 西オーストラリア|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<タンメン+ニラレバ炒め@おがさや (横浜市) | ホーム | チャーシューメン+餃子@匠屋 (佐野市)>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://okerasoken.blog10.fc2.com/tb.php/232-0c0508b6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。